2015年12月アーカイブ

本日、MT6.2.2の「カスタムアップロードディレクトリ」に対応したImageUploadUtility(Pro) version2.12をリリースいたしました。

Movable Type画像アップロード機能補助プラグイン ImageUploadUtility(Pro)

■アップロード先のカスタムについて

MT6.2.2では、その設定で規定のアップロードディレクトリの他、「カスタム」設定を利用し、任意のディレクトリにアイテム(画像等)をアップロードすることができます。

Movable Type 6.2.2 リリースノート

ImageUploadUtility(Pro)でもその機能をご利用いただくことが可能となりました。

また、標準MT6.2.2では、一度「カスタム」を選択した際にそれを規定値に戻すことはできませんが、本プラグインではそのキャンセル機能もついております。

MT6.2.2で利用可能なパス名の識別子にも対応しています。
http://www.movabletype.jp/documentation/mt6/settings/prefs.html#available-upload-destination-symbol

評価版もありますので、ぜひお試しください。

■ライセンスご購入済みの方へ、最新版のご提供について

本アップデートは無償対応となります。
アップデートをご希望の方は、お問い合わせフォームよりその旨をご連絡ください。
(ご購入時の受注番号を添えていただけますようお願いいたします)

 

本日、ImageUploadUtility(Pro) ver2.11をリリースいたしました。

iuu211.png

■改良/修正点

本プラグインを利用し、MT6.2.xで複数画像をアップロードする際、「ウォーターマーク(透かし画像)」のON/OFFを切り替えられるよう修正しました。

本プラグインをインストールしている際、MT6.2.xの画像アップロード画面で「日本語ファイル名の変換/画像の向きの修正」が無効化されてしまう点について、本プラグインの設定が優先されるよう対応しました。
(プラグイン設定で変換しないようにした場合、ダイアログでの変更が可能になります)

■ご留意点

本プラグインを利用した画像の向き補正について、現在アップロード時のウィンドウ内でプレビューする時点ではそれが反映されません。
アップロード完了時には向き補正が行われますのでご了承ください。

■MT6.2.2のアップロード先「カスタム」への対応について

MTの設定−全般で、アップロード先を「カスタム」に変更しそれを保存した際、本プラグイン側でもその設定内容に従ってアップロード先が表示されます。
ただし、MTの設定で「アップロード時に変更を許可する」場合、本プラグインの画像アップロード画面で表示される「カスタム」については、それを変更することができず、ブログパス配下にある規定のフォルダか、任意のフォルダにしかアップロードすることができません。
アーカイヴパス及びパス名で利用可能な識別子への対応については、次期バージョンでの実装を予定しておりますのでご了承ください。

パス名で利用可能な識別子一覧
http://www.movabletype.jp/documentation/mt6/settings/prefs.html#available-upload-destination-symbol

■ライセンスご購入済みの方へ、最新版のご提供について

本アップデートは無償対応となります。
アップデートをご希望の方は、お問い合わせフォームよりその旨をご連絡ください。
(ご購入時の受注番号を添えていただけますようお願いいたします) 

 

アイテム

  • ImageUploadUtility(Pro) 2.11リリースとMT6.2.xへの対応状況について

このアーカイブについて

このページには、2015年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年10月です。

次のアーカイブは2016年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.38