マニュアル記載不備に関するお詫び

こんにちは、SKELETON CART 開発元 ジャクスタポジション 西山です。

現在リリースしております MTDBConnector のご利用方法において、マニュアルの一部に記載不備があることが判明いたしました。
現在配布しておりますプラグインファイル及び、掲載しているオンラインマニュアルについては既に修正済みとなっておりますが、これまで試用されたお客さまにはご迷惑をお掛けしたケースがあるかと思われます。

大変失礼いたしました。

今後はこのようなミスの無いよう、開発に努めさせていただきます。

 

<記載不備の箇所> 

■商品IDのデータ参照元の指定

「プラグインの設定」で「商品IDにブログ記事IDを使用する」にチェックを入れている場合、MTDBConnector内で以下のように記載内容を変更する必要があります。

変更前(商品IDのカスタムフィールドを使用する場合 ※初期値)

$SC_MT_Cfg['MT_ItemID'] = 'post:entry_item_id'; //商品ID

変更後(商品IDにブログ記事IDを使用する場合)

$SC_MT_Cfg['MT_ItemID'] = 'post:entry_id'; //商品ID

 

アイテム

  • ImageUploadUtility(Pro) ver2.30リリースのご案内
  • ImageUploadUtility(Pro) ver2.22リリースのご案内
  • ImageUploadUtility(Pro) ver2.20リリースのご案内
  • DynamicPreview2.00 リリースのご案内
  • DynamicPreview2.00 リリースのご案内
  • ImageUploadUtility(Pro) 2.11リリースとMT6.2.xへの対応状況について

最近のコメント

このブログ記事について

このページは、SKELETONが2014年5月21日 11:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「商品オプションごとに加算額を設定するプラグイン」です。

次のブログ記事は「各種プラグインアップデートのお知らせ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.38