ImageUploadUtility 1.10 リリース

こんにちは、SKELETON CART開発チームです。
MovableType用画像アップロード機能補助プラグイン「ImageUploadUtility」の新バージョンをリリースしましたのでご案内差し上げます。

ImageUploadUtilityの紹介はこちら

今回のバージョンアップ内容は以下のとおりです。

◆MTCS(コミュニティ・ソリューション)への対応

画像アップロード時の画像リサイズ、ファイル名変換などについて、コミュニティ・ソリューションでの画像投稿等にも対応しました。

MTCSについてはこちら

◆ファイル名変換ルールの追加

これまでは、日本語(マルチバイト)のファイル名について自動変換する機能を提供しておりましたが、今回のバージョンからはファイル名に関係なく変換ルールを適用できるようになりました。

20130502135210.jpg

これにより、ファイルの管理などが行い易くなると思います。

◆GDへの対応(画像処理ライブラリ)

画像アップロード時のリサイズやファイル名の強制変換について、GDにも対応いたしました。
Exif情報の削除などは対応しておりませんが、ImageMagickが使えない場合でもリサイズ等を行えるようになります。

 

以上となります。 

プラグインの詳細情報とダウンロードはこちら

本プラグインに関するご不明な点・ご質問などは、ドキュメントページへのコメント、あるいはお問い合わせフォームよりお願いいたします。

アイテム

  • ImageUploadUtility(Pro) 2.11リリースとMT6.2.xへの対応状況について
  • ImageUploadUtility (Pro) ver2.02 リリース
  • ImageUploadUtility (Pro) ver 1.40 リリースしました!
  • ImageUploadUtility (Pro) ver 1.40 リリースしました!
  • ImageUploadUtility (Pro) ver 1.40 リリースしました!
  • ImageUploadUtility Pro ver 1.30 リリース
  • ImageUploadUtility Pro ver 1.30 リリース
  • ImageUploadUtility Pro ver 1.30 リリース

最近のコメント

このブログ記事について

このページは、SKELETONが2013年5月 2日 13:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ImageUploadUtility 1.03 リリース」です。

次のブログ記事は「WPDBConnector動作不具合への対応について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.38